• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,633アクセス

人生の終わりの準備は十分ですか?

赤井誠さん_画像 第158話

こんにちは、赤井誠です。時間の経つのは本当に早いです。あれよあれよという間に今年も一カ月が過ぎましたが、不動産を始めてからもあっという間に13年が経ちました。

物件の数も家賃収入も、当初とはくらべものにならないくらいの規模になり、時間的経済的自由を得て、50歳を越してから人生を本当に謳歌しています。

毎日は相変わらず忙しくしています。私は仕事するときは時間を忘れて仕事をして、休む時はバァーと休むという生き方が適しているようです。なんでも中途半端にしておくのが苦手なんですね。

さらに今年は不動産仲間との交流をもっと深めたいという思いから、ゴルフの練習も始めたので、これからは日本中の大家さんたちとゴルフもしながら情報交換をしたいと思います。皆さんよろしくお願いします。

■ 突然の仲間の死で考えたこと

さて、今日の本題です。
ブログやフェイスブック等でもご存知の方も多いと思いますが、昨年末に不動産仲間と出かけたハワイの地で、仲間一人を突然失いました。



事実を全く受け入れられず一ヶ月以上が経ち、先月の末に彼とのお別れ会に出席し、やっと自分の気持ちの中で現実を認識したという感じです。

全く何も予想していない中での死というのは、残されたものに多くの問題を残します。

今は近隣の仲間が必死にご子息が事業を継承できるように、OJTを行っています。私もわずかばかりの協力をしていますが、いかんせん場所が遠いのでほとんどたいしたこともできません。

亡くなった彼も私と同様、自分自身が一人で頑張って事業をしており、家族はあまり不動産事業にタッチしていなかったという感じです。

もちろん、彼自身、自分がまさかすぐにこの世からいなくなるなんて夢にも思っていなかったと思います。私も同じで、今、万が一私が突然いなくなったら、家族は何もわからないと思います。

ネットバンクにしろ、管理会社さんとのやり取りにしろ、インターネットで様々なことをやっていますが、サイトのID、メールアドレス、パスワードなどは家族は何も知りません。

すべて私の頭の中とちょっとしたメモ程度です。特に海外になると、物件を含めて何がどうなっているか全くわからないと思います。

■ お金や物件に関する情報を家族に知らせる重要性

今回の件で、自分自身のありとあらゆる資料を何らかの形で家族にわかるように残しておくことが、本当に必要であると痛切に感じました。お金に関するものはもちろん、物件に関するあらゆるデータベースも必須です。

これまで中古を取得したり、新築を建てたりして物件を増やしてきました。中古の場合、それぞれ付帯していた会社と付き合い、新築時はその時にもっともよいと思われる会社の設備を導入したりしました。

その都度、メンテ契約・供給契約を結ぶことで、物件ごとに個別最適がされています。銀行も付き合いが増えてくると、通帳もどんどん増えてしまうし、何でもかんでも増加の一途です。

しかし、何棟にもなってくるとやはり、とても分かりにくいし、面倒。保険にしろ、インターネットにしろ、プロパンガス会社にせよ、会社として統一していかないと、引き継ぐ方は本当に大変だと思います。

収益を重視すると個別が最適になりますが、今後の事業継承などを考えると、全体最適を追求していかないと残されたものは大変。まして、自主管理となると100件も相続したら、あっという間にパニックになると思います。

■ 今後は事業の引継ぎと継承者の人材育成

今までは、あくまでも収益性を上げることを最大の目的にしていましたが、今後は事業継承のしやすさという視点も大きな目的にしていかないといけないと思います。

それと、年初にも書きましたが、継承者の人材育成・仕事のOJTなど、正直、自分を基準にするとストレスが大きく溜まりそうですが、こちらもどんどんやっていかないといけないと思います。

先日、相続や事業継承のためには、我々のようなものは具体的にはどうしていかなくてはならないかを、税理士の渡邊浩滋さんとお話させていただきました。

この内容は来月の健美家で対談として掲載されるそうですので、皆さんの参考になればと思います。なお、今は大事な繁忙期、満室にするように頑張っていきましょう。それでは。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 赤井誠さん

赤井誠
赤井誠さんのブログ

196X年 横浜生まれ
13棟97室の大家

■ 経歴

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職。2013年に退社し専業大家となる。

不動産投資セミナーの講師等でも活躍。

知識ゼロからはじめて13棟97室。年間家賃収入は約1億800万円(2018年1月時点)

何事にも全力でチャレンジし、現在はアパマン経営に驀進中!

■ 所有物件一覧

□2005年
福岡市アパート 
1DK×10戸
2008年売却済み

□2006年
仙台市アパート 利回り17%
1K+ロフト×10戸
2012年売却済み

横浜市マンション 利回り11%
1K×23戸
2014年売却済み

□2008年
横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×8戸

□2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

□2010年
横浜市アパート新築  利回り13%
1K×8戸

□2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
1K×10戸,1LDK×1戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

□2012年
杉並区区分マンション 利回り16%
2015年売却済み

□2012年
柏市アパート 利回り20%
1K+ロフト×10戸
2013年売却済み

□2013年
藤沢市パーキング 利回り25%
30台
2016年売却済み

□2014年
横浜市テラスハウス 利回り13%
1LDK x 2

□2015年
横浜市アパート 利回り9%
2DK x 8戸

□2016年
横浜市マンション 利回り11%
2DK x 4戸+ 7LDK シェアハウス

□2017年
横浜市アパート 利回り14%
2DK x 4戸

□2018年
横浜市アパート新築 利回り9.6%
1LDK+ロフト x 2戸

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り9.6%
1LDK+ロフト,店舗

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り7.6%
1K x 15戸

さらに詳しいプロフィール
幼少期から現在までほか


■ 赤井さんの本

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

赤井さん2冊目
本気ではじめる不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ