• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

12,730アクセス

東南アジア不動産調査ツアーで感じたこと

赤井誠さん_画像 赤井誠さん 第77話

2014/5/24 掲載

こんにちは赤井誠です。
現在、東南アジアの様子と不動産環境を調べています。以前から様々な方が東南アジアに投資を行っていましたが、私はやはり実際に国の状態や住んでいる人々の状況を肌身を持って経験しないとどうしても投資に踏み切れません。

そのため、退社した昨年からフィリピン・シンガポールに出かけ、現在はタイ・ミャンマー・マレーシア・ベトナムと様々な国を回っています。

当然のごとく、インターネットで各国に関しては事前調査をして回りましたが、正直、日本で調べたり、海外投資セミナーで話を聞いて頭の中にイメージしていたものと現地に行ってみてみたものではかなり雰囲気が違います。

人々の風習や熱気、周辺の貧困状況、街の昼の顔と夜の顔などなど、正直、驚くことばかりです。

また、現地に移住し、その地域に根ざしてビジネスを開始している人とも交流ができ、まだまだ自分の知っている世界が如何に狭いかを再認識させられているのが現状です。

今回は、今までの回ってきた東南アジアの不動産を見て、感じたことをお話ししたいと思います。

まずは今回、一番長く滞在したタイ。タイは非常に発展しています。フィリピンなどに比べて、超貧困層が非常に少ないと思います。地方でも、フィリピン・ミャンマー・マレーシアでみるバラックのような非常に粗末な住宅に住んでいる人は少ないと感じました。

全体的にはどちらかというと中間所得層が増えているイメージです。そうはいっても所得は日本より全然低いです。もちろん物乞いなども若干いますが、フィリピンなどに比べると圧倒的に少ないです。

中心部では様々なショッピングモールやデパートなどが増え続け、モノレールや地下鉄などの交通網もどんどん広がって来ています。

コンドミニアムなども若夫婦が購入できるレベルになってきているようで、安いコンドミニアムのセールスオフィスに行くと、20代と思しき若者を何組も見かけました。もういつ一般的な需要が爆発して来てもおかしくないような気がします。

次に滞在したミャンマーですが、ミャンマーと言って思い浮かべるのは軍事政権とスーチーさんの自宅軟禁などいろいろな怖いことですので、行く前は一番恐怖を感じていた地域です。

実際に住宅は非常に粗末なものが多く、フィリピンと同等かそれ以下の貧困な国であると感じました。しかし、外国人用にはかなり大規模開発を行っているスターシティーと呼ばれるような地域もあります。

また、ミャンマーの物件の家賃の価格の高騰は凄まじく、一年前の1.5倍程度になることも多いようです。しかしながら、現時点で外国人が直接不動産を買うことができません。この辺は現在、政府で現在、協議されているようですが、なかなか進んでいないようです。

それでも、いくつも立派なコンドミニアムが建設されていて、多くの外国資本が購入されています。現時点で買う場合は、信頼できるミャンマー人を探して、その方の名義で購入するか、その方と合弁会社を作るしかありません。

これは非常にリスキーで大きなお金がからむ以上、相当、リスクがあります。しかし、こういう厳しい条件であるからこそ、今、それをきちんと準備して事業を開始している人には非常にチャンスがあるのだと思います。
実際に今までに投資している人はかなりキャピタルが得られたのだと思います。

マレーシアではクアラルンプールにだけ行きましたが、こちらも開発がどんどん進んでいて中心部や様々な場所で新規の開発が行われています。

外国人向けのモントキアラなどの居住地はちょっとコンドミニアムが建ち過ぎのような気がしましたね。今、日本人も多く移住しているジョホールバルなどにも今度行ってみたいと思います。

ベトナムでは物件の所有はできるものの、売却や賃貸なども許認可性のためその権利をどう取るかが難しいようです。もちろん法人で購入して、会社としてオーナーを変更する抜け道もありますので、いろいろやり方はあるようです。

今までざっと東南アジアを見てきましたが、もうすでにそれなりに物件価格も高騰していて海外だから大きく利益を埋むというのはなかなか難しいと感じました。

ただ、難しい中にも開発レベルから参画できるものや、いろいろ仕組みとして歪んでいる部分も見つけられましたので、今後はその辺を詳細に調べて行きたいと思います。

しかし、今回はタイのクーデターやベトナムの中国に対するデモのまっただ中でのツアーでしたが、無事に帰ることができてほっとしています。やはり日本は安全な国です。


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

プロフィール

■ 赤井誠さん

赤井誠
赤井誠さんのブログ

196X年 横浜生まれ
13棟97室の大家

■ 経歴

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職。2013年に退社し専業大家となる。

不動産投資セミナーの講師等でも活躍。

知識ゼロからはじめて13棟97室。年間家賃収入は約1億800万円(2018年1月時点)

何事にも全力でチャレンジし、現在はアパマン経営に驀進中!

■ 所有物件一覧

□2005年
福岡市アパート 
1DK×10戸
2008年売却済み

□2006年
仙台市アパート 利回り17%
1K+ロフト×10戸
2012年売却済み

横浜市マンション 利回り11%
1K×23戸
2014年売却済み

□2008年
横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×8戸

□2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

□2010年
横浜市アパート新築  利回り13%
1K×8戸

□2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
1K×10戸,1LDK×1戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

□2012年
杉並区区分マンション 利回り16%
2015年売却済み

□2012年
柏市アパート 利回り20%
1K+ロフト×10戸
2013年売却済み

□2013年
藤沢市パーキング 利回り25%
30台
2016年売却済み

□2014年
横浜市テラスハウス 利回り13%
1LDK x 2

□2015年
横浜市アパート 利回り9%
2DK x 8戸

□2016年
横浜市マンション 利回り11%
2DK x 4戸+ 7LDK シェアハウス

□2017年
横浜市アパート 利回り14%
2DK x 4戸

□2018年
横浜市アパート新築 利回り9.6%
1LDK+ロフト x 2戸

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り9.6%
1LDK+ロフト,店舗

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り7.6%
1K x 15戸

さらに詳しいプロフィール
幼少期から現在までほか


■ 赤井さんの本

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

赤井さん2冊目
本気ではじめる不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ