• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,416アクセス

近所の土地に買付を入れる。タイ旅行。音声翻訳機ポケトーク。VOICY・ボイシー。

加藤ひろゆきさん_画像 第245話

北海道もようやく気温が上がって、雪もかなり溶けた。
今年は、雪どけが早い。
しかし、それでも日が暮れると氷点下になり、足が冷える。
仕方がナイので、暖かいタイに行くことにした。

現地で十二年間潜伏している日本人工作員によると、現在の昼間の気温は35℃。
最高気温32℃の沖縄の真夏よりも暑い。
タイは、亜細亜では比較的英語が通じる国であるが、やはり、タイ語を学び、現地の人と会話したいと考えていた。

■ ポケトーク

さて、深夜にBSを観ていたら「 ポケトーク 」といふ携帯型音声自動翻訳機の宣伝をしていた。
世界74言語に対応する、夢のマシンだ。
通信販売でLONGしようと思ったが、一度、現物を見て実験しようと思ひ、近所のビーズデンキ( 仮名 )に電話を発信すると、何と店頭に置いているといふ。



早速、店舗を訪問して、人体実験。
大きさは、子供用携帯電話程度。
手のひらに乗り、ストラップで首からぶら下げることができる。
本体重量100g。

最初は、英語で実験。
言語を選択して、ボタンを押して、ピーっと鳴ったら話す。
英語で機械に、「 I have to go without you 」と、宇多田ヒカルの唄の歌詞を話しかけると数秒後、「 私は、あなたなしで行かなければなりません 」と、流暢な女性の日本語の音声が流れ出す。



思わず、笑ってしまった。

そして、今度はアラビア語を選択。
アメリカ時代の友人のアラブ人・カリ君に習った「 ワハド 」と吹き込むと、数秒後、「 一 」と日本語で回答。
正解だ。
また、中国語で「 トイプーチー 」と吹き込むと、「 すみません 」と日本語で回答。
スゴいマシンだ。
まさに、ドラえもんのポケットから出てきたようなマシンだ。

即決で購入。
定価¥29,800−だったが、交渉の結果、¥26,800−でLONG。
タイ旅行が楽しみだ。





このマシンが、アメリカ留学時代にあれば、もっと楽しい青春だったと思ふ。
イタリア人の美女・サブリナさんや、ブラジル人JKのバーバラ・ブラジルちゃんも、口説けたと思ふ。
当時は英語もよくわからず、転進シタ。

また、この機械があれば、日本で働くジンガイとも、簡単にコミュニケーションが取れる。
通訳の仕事も、今後は、大量に減るであろう。
テクノロジーに感謝だ。
ちなみにこのマシンは、中華人民共和国製だ。
大和民族としては、負けた感じがする。

同時に、変圧器もLONG。
タイは220Vだ。
航空券は、沖縄行きよりも安く、往復で六万円。
数年前に就航したタイ航空、新千歳・バンコク直行便だ。



航空券は安いが、海外旅行となると、各種備品を揃えなければならないので、結局は、けっこうコストがかかる。
バカBOYSのパスポート申請費用も、ひとり¥11,000−。
痛みを乗り越え、頑張ろう。

タイはマッサージが安く、一時間千円前後。
マッサージマニアには、たまらなく、いい。
どこの食堂に入っても、食事が美味しい。
紙の質も高く、文房具も書き心地がいい。
ウイークエンド・マーケットでは、ワニ革の財布が安く、大量にLONGしたい。
今からとても楽しみだ。



■ VOICY・ボイシー

ところで、先日、人気DJ・サウザーが、取材で九州から北海道にやって来た。
ボイシーといふ、インターネット・ラジオに、ゲストとして出演した。
ワタクシの事務所に、健美家の美人編集長とやってきた。
最初は、健美家のインタビュー。
この内容は、近日公開予定。

そして、クルマで近所のワタクシの物件を巡回しながら、サウザー・ラジオの音声収録。
テクノ( 仮名 )の夜逃げ話や、更地を開拓して、中古車販売業者に賃貸している話など、おおいに盛り上がった。
この音声は、すでにボイシーで聴くことができる。



リスナーからも好評だ。
また、オーディオブックも、二日間、深夜まで収録。
近日中にリリース予定だ。
四月上旬には、第二弾も収録予定。

ワタクシも、無性にラジオ番組を持ちたくなった。

■ 買付入れる

……と、ここまで書いて、美人編集長に原稿を送信しようと思ったら、近所に激安の売土地が出てきた。
約百坪で、平坦ないい土地だ。
プライスは、高級中古車一台分。
激安の理由は、接道していないため、住宅を建築できないからだ。



さっそく、朽ち果てたボロい軽自動車に乗って、現場を見に行くが、雪に埋もれて、よくわからない。
おまけに、近所の人が除雪した雪が、2m位の高さまで積み上げられている。
北海道では、空き地があれば、この時期、勝手に雪捨て場にされるのだ。
その上、太い木が三本生えている。
個人のチェーンソーでは、太刀打ちできない大きさだ。
風車と戦ふ、ドンキホーテのやうだ。

それでも、勇気を振り絞って、購入しようと思ったら、年老いた母が、流暢な名古屋弁で、「 おみゃーさん、そんな土地買って、どうするダー、やめとけ、やめとけ 」と激しく反対する。
こんな時は、ふてくされて、昼寝を実施するしかない。
何故か、いつも、物件を見に行った後は眠くなる。
脳ミソが、グルグルと活動するのかもしれない。

夕方、一時間くらい眠る。
目が覚めても、その土地のことばかりを考えている。
仕方がナイ。
親の反対を押し切って、買付証明をFAX送信。
見つからないように、身体で電話機を隠しながら、FAXボタンを押す。

先方の希望金額の半額で「 鬼のような指値 」( 商標登録申請予定 )を入れた。
この金額で購入できるかどうかわからないが、もし、譲っていただけるのであれば、駐車場か資材置場、あるいは、簡易的ナ倉庫を置いて、土地を貸したい。

【 追伸 】
その後、買い付け価格から若干押し戻されたが、売値の51.81%でマネー成立になった。
寛大な売主と、鬼のような指値を持って行ってくれた仲介業者に、感謝だ。



CASHFLOW101
http://cf101.chu.jp/
3/10/2019

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさん
加藤さんのブログ

大家・作家・随筆家。

ムービー・スターを夢見て、ハリウッドで200本のオーディションを受ける。マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ。ホンダやコカ・コーラのCMなどに出演していた。
米国スクリーン・アクターズ・ギルド(俳優協会)のメンバー。 渡米後六年間、頑張ってみたが、LA時代の後半は、芸能の仕事も激減、財務がタイトになり、ホームレスになる直前だった。乗っていたキャディラックを売却して、航空券を購入。残った200ドルを握り締めて玉砕寸前で帰国。

その後、つとめ人として再生を試みるが、アメリカナイズされた大和魂の受け皿はなく、挫折。うだつの上がらない人生から脱却するためには、不動産が必要だと感じた。安い中古車に乗って資金を貯め、大家業を目指し、激安アパート経営で再生。

現在の所有物件は一戸建8棟、アパート2棟、商業ビル1棟、貸店舗3棟、貸駐車場2区画、更地5区画。

CASHFLOW101のハンドル・ネームで、楽天ブログ(随筆)を、ほぼ毎日執筆中。
現在は北海道に住み、生きながら解放されることを目指している。晴れた日には土地の開拓、あるいは、マシンの走行実験を実施。雨の日には随筆を綴っている。

著書に

・メールアドレス
cashflow101ss(at)yahoo.co.jp
・楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/investor101/
・HP
http://cf101.chu.jp/

ページの
トップへ