• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

【元利均等返済(がんりきんとうへんさい)】

ローンを組んだときの利息を決める算出方式の一つで、「毎回の返済額となる元金と利息の合計が、返済開始から決められた期間の終了まで均等となる」のが大きな特徴です。

毎回の返済額が一定で、無理のない返済ができるのがメリットといえます。

反面、最初のうちは返済額中の利息の割合が多くなるため、元金の減りが遅くなり、完済までの期間が長くなるというデメリットもあります。元金均等返済と比較すると利息総額(=返済総額)が多くなりますので、その点にも注意が必要です。

※関連ワード

元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)

すべて読む

ページの
トップへ