• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,785アクセス

さらば、ゴミ屋敷。残置物撤収時に重要なこと。負けた感じ。

加藤ひろゆきさん_画像 第230話

自宅に残置物撤収の特殊部隊が入った。

戦前生まれの年老いた母は、戦時中、疎開もしているので、モノを捨てるのを極端に嫌がる。
決戦に備えて、物資を温存しているのだ。

決戦は十回に一回しか来なかった。
家の荷物は溜まるばかり。
特に、すぐにモノを捨てる父が他界してから加速した。
厳格な姉と、いいかげんな妹が結託して、強硬スケジュールを組んだ。
発注先に延期の電話を入れるも、頑固な姉は予定を変更しない。

残置物撤収当日。
中年隊が七名ほどやってきて、朝のミーティングを庭で実施している。
強制執行になった人の気持ちがよくわかる。
部隊は事務的に、容赦なく、家の中の荷物を運び出す。
姉と妹は張り切って、ほとんどのモノを捨てるように指示。
母は、オロオロするばかり。
三日間に渡る長期戦だ。

<今回の教訓>
・撤収時、常に立ち会って、細かい指示を出すこと。
そうしなければ、重要なものも捨てられる。
ワタクシは、マドンナ先生と撮った写真を捨てられた。
・撤収前に、貴重品を仕分けしておくこと。
母のヘソクリが、いたるところから出てきた。
・強制的にものを減らされると負けた感じがする。喪失感。

四トントラック一台分の荷物を搬出し、部屋はキレイになった。
モノが無いので、壁と床に反響して、声が響く。
亡き父の遺品がほとんどなくなった。
年老いた母は、日本が敗戦した日のように、うろたえている。

投資用の物件を購入した時の残置物撤収であれば、容赦なく全てを捨てられるのに、自宅の場合は、全く違う気持ちになる。
ただ、悪いことばかりではない。
この機会に、自宅のリフォームを実施しようと思ふ。
床はカバの木の一枚板のフローリングに張り替えたい。
明るい色で、触った感じもいい。

さて、更地開拓青年団。
マネー成立の更地に、切り込み砂利を搬入。
テナントの重機で、テナントが砂利を敷く。
足りない分は、決戦に備えてきこりん村に温存していた砕石三立米を勝手に使ってもいいと伝えた。

きこりん村の左端の7m位に伸びた木を、マキタの充電式チェーンソーで切る。
燃料の管理が不要で、騒音もナイ。
いいマシンをLONGした。
更地開拓青年団のキャプテンである、甥のコースケも労働力投入。
特攻玉砕開拓車両であるボロい軽自動車に乗り込み、出動。
伸びた草木をなぎ倒す。
通称・ぶったるんだ除草だ。


木を切る

刈払機もあるのだが、炎天下に作業をすると、熱中症になる。
四駆のボロい軽自動車で、そのまま、雑草の生えている場所に突っ込み、まるで何かに復讐するようにアクセルを踏み、グルグルと旋回するだけだ。
エアコンも効いて快適だ。
虫も来ない。
作業時間は15分。

ところで、
「 激安! 空き地投資 」( ダイヤモンド社 )
が出版される。
工作員数名に、ゲラを読んでもらった。
読みながら、途中で数回、吹き出していた。
面白いとの評価をいただいた。

書店に並ぶのは、八月八日前後である。

すでに、アマゾンで予約可能になった。



更地の発見から開拓、そして、営業方法と、どんなテナントがやってくるのかを、わかりやすく書いた。

CASHFLOW101
http://cf101.chu.jp/
7/29/2018

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさん
加藤さんのブログ

大家・作家・随筆家。

ムービー・スターを夢見て、ハリウッドで200本のオーディションを受ける。マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ。ホンダやコカ・コーラのCMなどに出演していた。
米国スクリーン・アクターズ・ギルド(俳優協会)のメンバー。 渡米後六年間、頑張ってみたが、LA時代の後半は、芸能の仕事も激減、財務がタイトになり、ホームレスになる直前だった。乗っていたキャディラックを売却して、航空券を購入。残った200ドルを握り締めて玉砕寸前で帰国。

その後、つとめ人として再生を試みるが、アメリカナイズされた大和魂の受け皿はなく、挫折。うだつの上がらない人生から脱却するためには、不動産が必要だと感じた。安い中古車に乗って資金を貯め、大家業を目指し、激安アパート経営で再生。

現在の所有物件は一戸建8棟、アパート2棟、商業ビル1棟、貸店舗3棟、貸駐車場2区画、更地5区画。

CASHFLOW101のハンドル・ネームで、楽天ブログ(随筆)を、ほぼ毎日執筆中。
現在は北海道に住み、生きながら解放されることを目指している。晴れた日には土地の開拓、あるいは、マシンの走行実験を実施。雨の日には随筆を綴っている。

著書に

・メールアドレス
cashflow101ss(at)yahoo.co.jp
・楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/investor101/
・HP
http://cf101.chu.jp/

ページの
トップへ