• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

【相続税(そうぞくぜい)】

相続税とは、亡くなった人の財産をもらったときにかかる税金のことをいいます。財産とは、不動産や貯金、株式など、お金とお金に換算できるすべてのものを指します。

相続税の課税価格は、次の計算式で求められます。

◇遺産の総額 - 非課税財産 - 債務および葬式費用 + 相続開始前3年以内の贈与財産

= 相続税の課税価格(千円未満切捨)

また、相続税の総額の計算及び各人ごとの相続税の計算式は、以下のとおりです。

◇相続税の課税価格の合計 - 相続税の基礎控除(5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数)

= 相続税の課税遺産総額

◇相続税の税率

課税標準税率控除額
1,000万円以下部分10% -
3,000万円以下15200万円
1億円以下301,700万円
3億円超50%4,700万円

平成27年1月より、6億円超で最高税率が55%に引き上げられたほか、基礎控除も減額され、「3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数」とされています。

すべて読む

ページの
トップへ